So-net無料ブログ作成

北海道の市立病院 首都圏の医師を北の大地へ勧誘(産経新聞)

 東京のお医者さん、環境の良い北海道で働きませんか−。慢性的な医師不足に悩む北海道赤平市の市立赤平総合病院が、東京など首都圏の医師のリクルートに躍起だ。病院視察や近隣の観光地に無料で招待するツアーを通年で実施しているほか、新築の医師住宅を整備。また、病院の魅力を紹介する医師向けDVDもつくり、必死に“ラブコール”を送り続けている。

                   ◇

 「ラベンダー畑で有名な富良野市も近く、休日にはスキー、ゴルフも楽しめますよ」

 3月中旬、赤平市立赤平総合病院の医師確保対策担当参事の東元紀さん(50)が上京し、都内の医師向け就職支援会社4社を回って、同病院で働く魅力をPRした。

 赤平総合病院は一般病床120床、療養病床60床あり、市内で唯一の救急機能を備えた中核病院だが、医師不足は深刻。一番困っているのは、足腰が悪くなる高齢者を診察する整形外科医が1人もいないことだ。

 北海道中央部にある赤平市は、かつては炭鉱で栄えたが、閉山の影響などで人口が流出し、現在の人口は約1万3千人。住民の高齢化も著しく約4割は65歳以上の高齢者となっている。病院側は苦肉の策として大阪市の整形外科医に週3回、飛行機で診察に通ってもらっているが、その任期も来年1月には切れる。

 地方の病院が医師不足に陥った原因のひとつに、平成16年度に厚生労働省が始めた臨床研修制度がある。

 この制度は、国家試験に合格した医学部卒業生の研修先を、出身大学病院以外にも大幅に拡大するもの。研修医が激減した大学病院側は一斉に地方の病院などに派遣していた医師を引き上げたため、地方病院に残った医師は過重労働になり退職者が相次いだ。

 赤平総合病院も同様の事態に陥った。15年に18人いた常勤医は、今年3月現在で8人まで減少。医師不足のため患者の受け入れを制限せざるを得なくなり、麻酔科などの診療科を閉鎖している。

 募集しているのは整形外科医のほか、内科医、小児科医。東さんは「これまで4人が視察に来て、2人の医師が定着した。地域医療をめざす医師に限らず、田舎暮らしを希望する医師がいれば、いつでも連絡を」と話している。問い合わせはTEL0125・32・3211。

雑記帳 謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」−仙谷戦略相(時事通信)
窃盗 国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる(毎日新聞)
特養介護職に医療行為=「たん吸引」など来年度から−厚労省(時事通信)
東住吉でコンビニ強盗未遂(産経新聞)

<太陽の塔>黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)

 万博記念公園(大阪府吹田市)にある「太陽の塔」の黄金の顔の目玉(直径約2メートル)が27日夜、40年ぶりに点灯を再開した。大阪万博開催40周年記念事業の一環。28日以降も毎日、日没から午後11時まで光らせる。

 塔前広場であったセレモニーで、日本万国博覧会記念機構の中井昭夫理事長と来園者代表の児童らが目玉の点灯スイッチを押した。その後、緑色のレーザー光線が当たった塔前面に「1970年大阪万博」の文字や当時のパビリオンが浮かび、花火が打ち上がると、歓声が沸き起こった。両親に連れられて当時、万博に2回来場した吹田市の会社員の男性(46)は「気付けば40年たっていた。再び、この場所でこの光景を見るとは思わなかった」と話した。

 目玉の投光器は計128個の発光ダイオード(LED)を搭載。太陽の塔は芸術家の岡本太郎さん(1911〜96)の作品で、万博開催中は点灯していたが、経費面の理由などでその後は点灯していなかった。【土本匡孝】

【関連ニュース】
太陽の塔:目が光ります 3月27日から大阪・万博公園
帰りたい:あった、あった。 沖縄の本質を素手でつかみどり
県読書感想文・画コンクール:小中学生50人を表彰 /静岡
太陽の塔:「ともだちの塔」に変身! 映画「20世紀少年」プロモーション

足利事件再審 判決要旨(5)(産経新聞)
野中広務・元自民党幹事長が民主に陳情(産経新聞)
郵政改革法最終案、亀井氏「民業圧迫」に反論(読売新聞)
バーナーで何らかのガスに引火か 兵庫・姫路の爆発事故(産経新聞)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)

2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」(産経新聞)

 夫(35)とともに2歳の長男をごみ箱に長時間閉じこめて窒息死させるなどしたとして、監禁致死罪などに問われた無職、菅野理香被告(35)の裁判員裁判の第3回公判が25日、東京地裁(井口修裁判長)で開かれ、検察側は「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした、思いやる気持ちなど毛頭ない悪質な犯行」などと断罪し、菅野被告に懲役10年を求刑した。

 男性裁判員はこの日の被告人質問で「なぜ、きょうだいのうち長男だけ(虐待して)死なせてしまったのか」と質問。菅野被告は「私なりに長男もかわいがってきた。結果だけを見ないでほしい」と、愛情を注いでいたと訴えた。

 判決は26日に言い渡される。

 検察側は「長男をごみ箱から出すのは容易だったのに助けなかったことなど、重要な役割を果たした」と指摘。弁護側は「虐待行為への関与は少なく従属的。暴力をふるわれる恐れがあったので夫を止められなかった」と主張している。

 起訴状によると、菅野被告は夫=同罪で懲役11年が確定=と共謀し、平成20年12月23日未明、自宅マンションで長男、優衣(ゆい)ちゃんをごみ箱に入れてふたをした。さらに上からポリ袋をかぶせてゴムひもを巻き付け、ベランダや居間に同日夕方まで放置し、窒息死させるなどしたとされる。

【関連記事】
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判
2歳長男虐待死公判 夫の公判担当の裁判員「あれでよかったのか…」
2歳長男虐待死、妻の初公判 生々しい検察と弁護側の応酬
2歳長男虐待死 父親に懲役11年判決

雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
旭山動物園 名誉園長が退任 全国区人気の立役者(毎日新聞)
ダイヤ優先、規定違反6件…大阪の地下鉄事故(読売新聞)
<太陽光エネルギー>日韓がフォーラム 東京・新宿(毎日新聞)
DNA誤情報で別人の男性に逮捕状 神奈川県警(産経新聞)

<プルトニウム>電事連や原研 保有量公表(毎日新聞)

 電気事業連合会は15日、原子力発電を運転する電力10社のプルトニウム保有量とプルサーマル発電で使う利用計画を公表した。09年末のプルトニウム保有量は前年比0.4トン増の27.8トン。このうち国内には、九州電力など3社分が仏の再処理工場から燃料として返還され、1.5トン増の3.7トンが保管されている。

 また、日本原子力研究開発機構も同日、研究開発用プルトニウムの利用計画を公表した。保有量は09年度末で3.1トン。高速増殖炉もんじゅの運転再開で今年度0.2トン、11年度以降7年間で残る2.8トンを使う。

【関連ニュース】
伊方原発:3号機で微量の蒸気漏れ発見 放射能漏れはなし
プルサーマル計画:宮城県知事、女川町長らが導入同意
伊方原発:プルサーマル試運転 3号機の発電再開
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで

「密約文書」破棄の可能性=後任に引き継ぎ、元外務省局長が証言−衆院委参考人質疑(時事通信)
7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77−感染研(時事通信)
<日韓警察>トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)
水俣病和解協議、一時金210万円の案示す(読売新聞)
『ゴッド・オブ・ウォー 3』:開発秘話&もし削除したエピローグを見せるなら、DLCで無料に!

執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は11日の記者会見で、党支持率の低迷などを理由に、党内の一部から執行部の交代論が出ていることについて、「刷新ということは考えていない」と述べ、応じない考えを示した。 

潮干狩りでにぎわう 千葉の富津海岸(産経新聞)
事故米転売、「三笠フーズ」元顧問に有罪判決(読売新聞)
首相動静(3月8日)(時事通信)
<自主回収>中国製レーザーポインター 失明の恐れで(毎日新聞)
松田参院議員、自民会派を退会(時事通信)

<ツイッター>災害情報伝達への検討指示 総務相が消防庁に(毎日新聞)

 原口一博総務相は、短文投稿サイト「ツイッター」を災害情報の伝達に利用できるか検討するよう消防庁などに指示した。5日の記者会見で明らかにした。

 チリ大地震で津波が押し寄せた先月28日、原口氏は官邸の危機管理センターに入る各地の潮位などの情報をツイッターで50回以上にわたり投稿。「速報性があった」との評価の声の一方、「他にやるべきことがあるのでは」との批判も受けていた。

 原口氏は会見で「緊急時の情報を政治家の言葉でしっかりと流し、安心のメッセージを出していくことはとても大事」と述べ、政府もツイッターを積極的に活用すべきだとの考えを示した。

 第三者が政府関係者を装って、にせ情報を流す恐れがあるとの指摘に対しては「私のサイトは6万人近くが見ており、(にせ情報であれば)誰かが気づく。(参加者の多い)ツイッターは『なりすまし』のできるメディアではない」と反論した。【望月麻紀】

【関連ニュース】
チリ大地震:鳩山首相が哀悼の意 大統領と電話で協議
チリ大地震:日本の医療チーム 派遣見合わせ要請
原口総務相:ツイッターで津波情報発信
チリ地震:日赤あて義援金の現金書留は無料に
チリ大地震:銅価格が上昇…供給減を懸念、生産は再開

JAYWALK中村容疑者逮捕でCDは発売中止(産経新聞)
人気モデル集結、横浜で「東京ガールズコレクション」(産経新聞)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
消費税「各党協議を」(産経新聞)
ラーメン橋 近くに店ないのに看板 福岡・香春の国道(毎日新聞)

<フィギュア>小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国(毎日新聞)

 バンクーバー五輪フィギュアスケートで、ともに初出場で8位入賞を果たした男子の小塚崇彦(21)、女子の鈴木明子(24)の両選手が2日、帰国した。中部国際空港(愛知県常滑市)に降り立つとファンらが「おめでとう」と声をかけ、2人とも笑顔で応えた。

 2人は空港内でそろって会見。国際大会で初めて4回転ジャンプを成功させた小塚選手は「次はメダルが欲しいと思うようになった」と、早くも4年後のソチ五輪(ロシア)へ意欲を見せた。鈴木選手はショートプログラム(SP)11位だったが、フリーで伸び伸びと演技して順位を上げ、「思っていた以上にすばらしい舞台でした」と振り返った。

 鈴木選手は中野友加里選手(24)の辞退で、今月下旬の世界選手権(イタリア・トリノ)出場が内定したことも明らかにし「メダルが目標」。小塚選手も両こぶしを握り、世界選手権に向けて気合を入れ「声援に応えられるよう演技したい」と話した。【鈴木英世】

【関連ニュース】
五輪フィギュア:小塚選手に声援 中京大キャンパス
五輪フィギュア:小塚、自己ベスト記録更新…初入賞果たす
五輪フィギュア:高橋が銅 日本男子史上初メダル
五輪フィギュア:小塚が自己ベスト 男子フリー
五輪フィギュア:男子SPで日本勢好位置、メダルに期待も

【ゆうゆうLife】要支援→要介護 ケアマネ交代 家族もへとへと(産経新聞)
性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)
「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴−新潟地裁(時事通信)
小中学校7割が実施へ=学力テスト、11県で全校参加−文科省(時事通信)
楽天、新潮社と和解=名誉棄損訴訟で(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。