So-net無料ブログ作成
検索選択

漁船操舵員の「思い込み」原因 沖縄南方沖衝突3人死亡で運輸安全委報告書(産経新聞)

 沖縄県水納(みんな)島の南方沖で平成20年10月、貨物船「しゅり」(9813トン)と漁船「航平丸」(14.73トン)が衝突し、漁船の乗組員3人が死亡した事故で、国土交通省運輸安全委員会は23日、漁船員の思い込みで左に針路を取ったことが原因、などとする調査報告書を発表した。

 海上交通の基本ルールでは、対向してきた船を避ける場合は、互いに右に舵を切ることになっているが、漁船は針路を左に変えたまま航行を続け、同じように右に避けてきた貨物船と衝突した。

 報告書によると、漁船の乗組員はレーダー画面で約5キロ先にいる貨物船を確認。右に進めば貨物船の針路を妨げてしまうと思いこみ、針路を少しずつ左に変えた。一方の貨物船は注意を呼びかける信号を漁船に送信。漁船が右側に避けることを期待していたため、右かじを取るのが遅れたという。

 漁船の操船員は、小型船舶の操縦免許を持っていなかった。船長が免許を持っていたため法令違反ではないが、事故当時、船長は就寝中だった。運輸安全委は「免許を持たない人が操縦する場合は船長による適切な指揮監督が大前提」と注文をつけた。

 事故は、20年10月23日午後4時50分ごろ発生。衝突で漁船は前後に分断され、乗組員6人のうち3人が死亡した。貨物船の乗組員10人にけがはなかった。

【関連記事】
長崎で漁船転覆 72歳男性死亡
漁船同士が衝突、1人死亡
長崎で漁船が転覆、1人不明
エア・インディアの部品落下 エンジン部品腐食が原因 運輸安全委が報告
鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
12人中7人の委員が新任−社保審医療分科会(医療介護CBニュース)
海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で−関係筋(時事通信)
病院で息子が母親と無理心中図る? 親子が死傷 福生(産経新聞)

中国公安幹部来日 情報交換を本格化 毒ギョーザ事件(産経新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国公安省の王桂強・物証鑑定センター副主任(局長級)ら警察幹部9人が20日、来日した。一行は、21日から東京・霞が関の警察庁で、金高雅仁刑事局長ら同庁幹部との会議に臨み、情報交換を本格化させる。事件をめぐって日中警察当局の幹部は、5回にわたって情報交換会議を開いているが、容疑者が逮捕された後は初となる。

 会議で日本側は、逮捕された「天洋食品」の元臨時従業員、呂月庭(ろげつてい)容疑者を犯人と特定した捜査の経緯や、「有機リン系殺虫剤メタミドホスをギョーザに混入した」とする呂容疑者の供述の内容などについて詳しく説明を求める。

【関連:毒ギョーザ事件】
「おれがやった」で特定 自宅で妻にうっかり漏らす
容疑者は待遇不満で工場と係争中
容疑者の父「日本の皆さまにおわび」
日中関係にらみ…今が「適切なタイミング」?
「容疑者逮捕」の怪

私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?(産経新聞)
岡部まり氏を民主擁立、14日に正式表明へ(読売新聞)
都バスに乗用車追突、7人重軽傷(産経新聞)
横浜APECはSP1千人超 警察庁、初の事前訓練実施へ(産経新聞)
温暖化対策、すれ違い=中国副主任と会談−外相・経産相(時事通信)

菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は12日、日本外国特派員協会での記者会見で「日本の政治家は増税すると選挙に負けるというトラウマがある。最近(の首相で)一番人気があった小泉さん(純一郎元首相)でさえ首相の間は消費税を上げないと逃げた」と指摘。「増税しても、使い道を間違えなければ景気がよくなるんだということを部下に検証させている」と財政再建には増税が必要との認識を示した。

医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会(医療介護CBニュース)
<立川談志さん>高座に復帰(毎日新聞)
<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
遺体遺棄の被害女性、大阪拠点に転々と暮らす(読売新聞)
3歳女児意識不明、母「カッとなって」落とした(読売新聞)

岩場の迫力体感 三宮に西日本最大級のクライミングジム(産経新聞)

 ■実戦的技術の訓練可能に

 日本最古の登山用品専門店「好日山荘」(本社・神戸市)が9日、神戸・三宮にクライミングジムを併設した登山用品専門店をオープンした。ジムは西日本最大級の壁面数を誇り、ロープで登る壁のリードウォール(高さ8メートル)には、実際の岩場での登攀(とうはん)技術を学ぶためのテラスなどを設けた「アルパイン用壁」を全国で初めて設置。クライミングブームが盛り上がる中、ファンの注目を集めそうだ=写真

 オープンしたジムは「GRAVITY RESEARCH KOBE」。リードウォール3面、ロープを使わないボルダーウォール10面と計13の壁があり、壁面数は西日本最大級。「アルパイン用」は、実際の岩場のようにクライマーを確保(ビレー)する人の足場(テラス)を高さ3メートル地点に作り、終了点を作る練習もできるよう、ゴール地点に大きめの手がかり(ホールド)を2つ設置するなどした。これまでインドアジムではできなかった、実際の岩場で必要な技術の訓練が初めて可能になる。

 県の大会が開催される11日以外は、18日まで9日間無料開放される。

「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編 平沼代表ら5議員(産経新聞)
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール(時事通信)
医療分野の素案明らかに−民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)
「子どもの泣き声聞こえた」=女の怒鳴り声も−大阪1歳女児虐待死(時事通信)
西部ガス狙う?福岡の雑居ビルに銃弾跡(読売新聞)

「1年前のあの男…」店主忘れず、寸借詐欺再び(読売新聞)

 パン店で5000円をだまし取ったとして、奈良県警高田署は2日、住所不定、無職高森茂宏容疑者(75)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、高森容疑者は昨年4月下旬、同県葛城市内のパン店主の男性(47)に「金を落とした。神戸まで帰るお金を貸して」とうそを言い、5000円を詐取した疑い。高森容疑者は男性に神戸市内の架空の住所と偽名のメモを手渡していた。

 高森容疑者は約1年後の2日午後2時頃、再び店を訪れ、「金を落とした」と言ったことから、男性が「あの男だ」と気付いたという。調べに対し、高森容疑者は「借りているだけで、だましていない。また、貸してくれると思った」と容疑を否認している。

<囲碁>山下・井山がプレーオフ…本因坊戦リーグ(毎日新聞)
82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)
マナー悪い観光客“罰金1万円”サル条例 大阪・箕面市(産経新聞)
入学祝い“甘〜いランドセル” 季節限定ケーキ(産経新聞)
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。