So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)

 ルース駐日米大使は29日、東京新宿区の早稲田大学で講演し、日本を含む東アジア地域で、中国と北朝鮮が依然として安全保障上の脅威であるとの考えを示した。その上で、米軍普天間飛行場の移設に関して、2006年に日米が合意した辺野古沿岸部への現行移設案が「最善だ」と強調した。

 ルース大使は東アジア地域の安全保障について「冷戦終結にもかかわらず(終結前と)同レベルのリスクが残っている」と述べた。

 大使は中国について、経済分野で日米との関係が深まっているとしながらも、軍事面で「サイバー攻撃の能力を拡充し、最新の核兵器や潜水艦の導入も進めている」と指摘。北朝鮮についても「数百万人の兵力を持つ、世界で最も軍国化された国家」と述べ、ミサイル技術開発を強化している現状に警鐘を鳴らした。同国内で近く予想される政権移譲に伴う「政権崩壊」も安保上の脅威だと語った。

 大使はその上で、沖縄に展開する米軍兵力の「重要性はむしろ高まっている」と強調。普天間飛行場の移設に関し、現行案が「10年以上にわたって二国間で話し合ったもので、ベストの選択だ」と述べた。

【関連記事】
「現実的には難しい」 辺野古移設で沖縄知事が表明
内閣官房が沖縄連絡室 社民が「平野発言」に抗議
防衛相、首相の「普天間継続使用ない」発言を支持
施政方針演説 軽さ否めない“宇宙言語” 
小沢氏、日米合意直後に沖縄で土地購入

<巻きずし商標権>イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決(毎日新聞)
長崎漁船沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島沖で発見(毎日新聞)
手帳にホテル名記載=「裏献金」の現場−05年分、捜索で押収・東京地検(時事通信)
陸山会土地購入 水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に(毎日新聞)
<石川知裕議員>自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)

<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)

 発達障害者を支援する「日本発達障害ネットワーク」(田中康雄代表)は22日、政府の「障がい者制度改革推進会議」に、発達障害者も参加させるよう政府に申し入れた。

 障害者行政全体を見直すため、政府は先月、全閣僚でつくる「障がい者制度改革推進本部」を設置。その下部組織として、委員の6割を障害者や家族で構成する「推進会議」を今月始動させたが、発達障害者の関係者は委員に選ばれなかった。【野倉恵】

【関連ニュース
自閉症:感情の神経機能低下が関係 脳断層撮影で浜松医大
携帯電話:障害児の学習サポート 東大などマニュアル作成
1歳10カ月女児、発達障害と診断…=スクールカウンセラー・山下直樹
携帯電話活用マニュアル:障害児の学習サポート 17機能で99事例−−東大など
自閉症:解明へ一歩 脳を断層撮影、感情の神経機能低下−−浜松医大など

「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開−ソマリア沖(時事通信)
「無実」を聞いてもらいたい…菅家さん会見(読売新聞)
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応−厚労省審議会(時事通信)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審(産経新聞)

<赤坂晃容疑者>覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検(毎日新聞)

「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職−東京消防庁(時事通信)

 部下に暴行したとして、東京消防庁は18日、同庁練馬消防署特別救助隊員の男性消防士長(35)を停職6カ月の懲戒処分にした。
 同庁によると、士長は昨年10月25日午後9時半ごろ、火災現場から署に戻った際、防火服の整理を命じた部下の男性消防副士長(33)が別の作業をしていたため、ほおを平手打ちにし、尻などをけった。
 副士長はあごの骨が折れており、現在も治療中という。
 士長は「指示に従わず、腹が立った」と説明。副士長は「別の隊員が既に作業しており、手は足りていると思った」と話している。 

「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)
大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7〜8年−横浜地裁(時事通信)

小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明−民主党大会(時事通信)

 民主党は16日午後、東京・日比谷公園の日比谷公会堂で党大会を開いた。小沢一郎幹事長はあいさつで、自らの資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、幹事長を続投する意向を正式に表明した上で、「大会に合わせたかのように(元秘書の)逮捕が行われ、とうてい容認できない。断固として(捜査当局と)闘っていく決意だ」と強調した。
 小沢氏は「鳩山由紀夫首相の気持ちを自らの支えとし、今後とも与えられた職責を全力で果たしていく」と表明。土地購入資金については「何ら不正なお金を充てているわけではない」と述べた。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<平野長官>報道表現「関係者によると」は「公平でない」(毎日新聞)
推定震度分布を公表=標高データから算出−情報通信機構(時事通信)
外国船舶の護衛急増=海賊対策10カ月−ソマリア沖(時事通信)
<鳩山首相>緊急人材育成支援事業 11年度から恒久化表明(毎日新聞)
小沢氏の政治資金問題 本格政権を目前にしたハードル(産経新聞)

交差点で衝突、5人死傷=茨城(時事通信)

 18日午前8時50分ごろ、茨城県取手市高須の市道交差点で、美容師川村拓也さん(23)=同県龍ケ崎市市川原代町=の乗用車と、無職海老原喜代美さん(63)=取手市小文間=のワンボックス車が衝突、2人が死亡し3人が重軽傷を負った。県警取手署が事故原因を調べている。
 死亡したのは、海老原さんの車に同乗していた、いずれも無職の浅谷多喜代さん(84)と染野谷美代さん(83)。海老原さんは夫が経営する接骨院に来ていた浅谷さんらを自宅に送る途中だったという。 

【関連ニュース
盗難車でパトカー2台に衝突=容疑で男逮捕、飲酒運転
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷
自衛官、酒気帯び運転で逮捕=信号支柱に衝突
踏切内の車に特急列車衝突=けが人なし
酒酔い運転、3台に衝突=女性けが、米兵を逮捕

レーシック被害 複数患者の菌一致 「手術で感染」疑い強まる(産経新聞)
被害額100億円下回る=検挙率は77%に急上昇−09年振り込め詐欺・警察庁(時事通信)
東京地検、小沢幹事長「陸山会」と「鹿島」捜索(読売新聞)
<日本航空>新社長 ジャルエクスプレスの来栖社長が有力に(毎日新聞)
アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)

<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)

 携帯電話の有料サイトの未納料金名目で金をだまし取ろうとしたとして、警視庁と富山、島根、栃木、岐阜県警の合同捜査本部は21日、東京都内を拠点に活動していた二つの振り込め詐欺グループのメンバー計15人を詐欺未遂容疑で逮捕したと発表した。捜査本部は、被害は少なくとも08年夏以降、16件約4600万円に上るとみて裏付け捜査を進めるとともに、二つのグループを統括する人物がいるとみて背後関係を調べている。

 逮捕されたのは、東京都文京区小石川4、無職、内山弘之容疑者(27)や豊島区目白3、無職、小谷晃一容疑者(26)ら10〜40代の無職の男女15人。

 内山容疑者の逮捕容疑は1月20日、愛知県清須市の男性会社員(32)の携帯電話に架空の債権回収代行会社「栄総合サービス」を名乗り、「サイトの未納料金がある。違約金、和解金として約12万円払ってください」とメールを送信し、現金をだまし取ろうとしたとしている。

【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース
振り込め詐欺:09年の被害、過去最少 それでも月8億円
詐欺:容疑の男逮捕“振り込め”集団リーダーか 愛知県警
年頭部隊出動訓練:警察官2700人が参加
まちかど:振り込め詐欺被害防止4人に感謝状−−東入間署 /埼玉
まちかど:振り込め詐欺を防止 東入間署、行員2人に感謝状 /埼玉

羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
申請率、80%に改善=介護職の処遇改善交付金−厚労省まとめ(時事通信)
小沢氏「政治とカネ」つきまとう議員人生(読売新聞)
<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)
室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)

<無料低額宿泊所>実質運営者ら脱税容疑 5億円の所得隠す(毎日新聞)

 生活保護受給者向けの無料低額宿泊所を運営する任意団体「FIS」が多額の使途不明支出を計上していた問題に絡み、実質運営者ら幹部の男3人が07年までの数年間で所得計約5億円を隠し、所得税約2億円を脱税したとして、名古屋国税局が所得税法違反容疑で3人を名古屋地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、3人は08年12月に国税局の強制調査(査察)を受けた後に容疑を認め、修正申告を済ませたという。

 関係者によると、FISは東京神奈川埼玉千葉愛知の1都4県の約20カ所で無料低額宿泊所を運営。常時2000人前後の生活保護者を入居させ、入所者が毎月受給する約12万円の保護費から9万円前後の入居料を集めている。この入居料から施設賃料、入居者の食費、職員の人件費などの経費を支払った残りが3人の所得などになっていたとみられるが、所得申告はされていなかったという。

 これまでに所管自治体に提出された収支計算書から、各施設は施設賃料などの経費と別に「業務委託料」を計上していたことが判明している。

 東京都と千葉市の4施設の場合、委託先はFIS幹部らが役員を兼務する東京都北区の会社で、06〜07年度分だけで4施設の委託料は2億5000万円を超えていた。【山口知】

【関連ニュース
ことば:無料低額宿泊所
無料低額宿泊所:NPO法人 2年間、事業報告書提出せず
千葉低額宿泊所暴行死:他の入所者の金銭管理 起訴の3人
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別
傷害:入所者同士が口論 1人を逮捕 千葉・無料宿泊所

<鳩山首相>「潔白信じる」小沢氏の続投了承(毎日新聞)
通常国会召集 「政治とカネ」で大荒れも(産経新聞)
<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)
<脱税低額宿泊所>入所者、月1〜4万円で調理・事務担当(毎日新聞)
<日韓外相会談>日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)

<戦艦大和慰霊碑>立て替えず修復 鹿児島・伊仙町が募金窓口に(毎日新聞)

 鹿児島県・徳之島の伊仙町は近く犬田布(いぬたぶ)岬に建つ「戦艦大和慰霊塔」の修復工事を始める。当初は建て替える計画だったが、募金が集まらないことから修復に計画を縮小した。町は「平和のシンボルとして修復し、慰霊祭を続けて行きたい」と話し、元乗組員や遺族らが集まる4月7日の慰霊祭までに完成させる予定だ。

【当時の紙面から】戦艦「大和」撃沈

 犬田布岬は1945(昭和20)年に沖縄に向けて出撃した旧日本海軍の戦艦「大和」の沈没地点に近く、毎年慰霊祭が営まれている。慰霊塔は68年に全国からの募金で民間団体が建設。合掌する手をかたどり、高さの24メートルは大和の甲板から艦橋までに合わせている。

 しかし、建設後40年以上がたって老朽化。06年にNPO法人が再建を計画したが、募金が目標通りに集まらなかったことから町が募金窓口を引き継ぐとともに修復に変更した。

 町によると、寄せられた募金は14日現在、1759万円。町企画課によると、昨年12月の構造性能調査で「耐久性は問題ない」と診断されたという。修復工事では、コンクリートの崩落部の補修やひび割れ部の補強、さび止めなど実施する。【神田和明】

【関連ニュース
戦艦大和・生還者たちの平和希求/1 61年ぶりの敬礼
戦艦大和・生還者たちの平和希求/2 “臨終”宣告
戦艦大和・生還者たちの平和希求/3 人生支えた誇り
戦艦大和・生還者たちの平和希求/4 海よ、語ってくれ

石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 (産経新聞)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
<内閣法制局長官>政府特別補佐人から外れる(毎日新聞)
東京招致に改めて意欲=長崎市断念の20年五輪−石原都知事(時事通信)
鳩山首相「推移見守りたい」(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。